合わせ切れ多発

釣り日記、タイイングとか

ドライフライに使用する素材に関して個人的な見解

 自分の場合は基本ドライフライオンリーです。ニンフやウェットフライも携帯はしていますが、よっぽどのことがない限り使用することはありません。フライ始めて15年程度ですが、その間ほぼドライフライだけ使用してました。パターン本を見ていろいろなパターンを巻きましたが、有名なフライパターンで使用されている素材がちょっといまいちだなと思うような素材があるので、これらについてちょっと書いてみようかなと思います。
 
 最初に断っておきますが、自分はフライが虫に似ているかどうかよりも、浮力を重視する人です。浮力といっても、フライがポッカリ水の上に浮くとかそういう意味ではなく、個人的にはそんなのあたりまえだと思っているので、浮力の持続性という意味です。具体的に言えば、一匹釣って、フロータント処理しなくてもフライが浮かぶかどうかとかです。フロータント処理しないで、何匹釣ってもポッカリフライが浮くのはさすがに無理でしょうけど。

CDC
 まず、CDCなんですが、浮力の持続性はゼロといってもいい素材。CDCダンのフライボックスも一応、携帯はしていますが、使ったことはほとんどありません。一匹釣って即交換とかめんどくさいのでCDCダンのフライボックスに全く手が伸びることありません。CDC使用しているフライパターン多いですけど、フライフィッシングやる人で自分みたいなめんどくさがり屋はほとんどいないんでしょうかね。残念ながらCDCの代わりとなる素材は見当たりませんね。個人的にはCDCなんて必要ないと思ってますが・・・

f:id:flyman007:20181024141819j:plain

 

獣毛(エルク、ディアヘア)
 次に獣毛(エルク、ディアヘアなど)です。この獣毛を使用しているパターンはかなり多いです。エルクヘアカディスをはじめとして、カディスフライはほとんど使用していますし、ホッパー(バッタ)のオーバーウィングに使用したり、モスフライ(蛾)に使用されています。使えばわかりますが、最初はいいのですが、使用し続けると獣毛が水を吸収して、筆のようになってしまいます。こうなってしまうと、水分をマイクロファイバーのタオルで吸い取って、フライにフロータントをほどこしても浮力が元の状態に戻ることはないです。最初の状態の浮力を100%とするとせいぜい20%~30%程度でしょう。こうなってしまうと、一投もしくは二投くらいでフライが沈んでしまいます。この状態ではフライを交換するしかありません。

f:id:flyman007:20181024141850j:plain


 獣毛(エルク、ディアヘア)の代わりは、100均のクッション用の綿を使用しています。色が白しかないのが残念です。浮力の持続性は、獣毛(エルク、ディアヘア)よりも優れています。気に入っている点は、沈み始めても、水分をマイクロファイバーのタオルで吸収して、フロータント処理を施すと、最初の状態に近いくらいまで浮力が回復する点です。

シンセティック素材
 次にシンセティック素材です。代表的なのはエアロドライウィングですね。自分は使用してないというか使用しなくなりました。もちろん浮力がないからというのが理由です。中空素材というのはいいんですが、獣毛もそうなんだけど、空気を含んで閉じた状態でなければ意味がありません。獣毛の場合は、先端が細くなって片方は閉じた状態なので、もう片方をフライに取り付けた際にスレッドで閉じればいいのですが、エアロドライウィングの場合は、両方閉じなければならない。パラシュートフライのポストで使用すること多いですけど、ほとんどのケースで片方閉じずに使用しています。カディス系のフライのウィングに使用されているケースもありますが、これも片方閉じてないケースがあります。これでは当然浮力は低い。たとえ両方閉じても水が吸着しやすく重くなって浮力は低いです。これがダメな理由の一つです。
 もう一つダメな理由が繊維がストレートなことです。パラシュートフライのポストで使用される素材でカーフテールがありますが、獣毛ではありますが、中空素材でかつ先端が縮れています。この縮れているというのが重要で、パラシュートフライのポストでは使用されませんが、ラムズウールという素材があります。この素材も縮れていて、浮力があります。ただ、ラムズウールは水に濡れると形が崩れていまい、浮力が落ちます。軽くていい素材ではあるのですけどね。

f:id:flyman007:20181024141929j:plain


  自分はエアロドライウィングの代わりにパラシュートフライのポストの素材は、カーフテイルもしくはシンセティック素材のパラポストウィングを使用しています。パラポストウィングはシンセティック素材ではあるのですが、繊維が縮れていて、エアロドライウィングよりも浮力は高いです。

f:id:flyman007:20181024141951j:plain

f:id:flyman007:20181024142010j:plain

 

ピーコックハール
 次にピーコックハールです。これはテレストリアルフライを巻くならこれでしょ的な素材ですが、この素材自体は浮力はありません。以前はこれを使用してテレストリアルフライを量産していましたが、浮力は全く期待できないのと一旦水に濡れて乾くと全く別のフライになってしまいます。これらの理由から全く使用しなくなりましたね。今でも昔に巻いたピーコックハールを使用したフライはありますが、使うことはありませんね。
  ピーコックハールの代わりは、Ice Dub Peacockとかラビットヘアのダビング材のピーコックなどを使用してます。これらの素材は水に濡れて乾いてもあまり変化がないのが気に入ってます。

f:id:flyman007:20181024142030j:plain