合わせ切れ多発

釣り日記、タイイングとか

以前のものよりちょっと浮力アップのアントパターン

 以前、早い流れ用のアントパターンの記事と動画だしたのですが、実際使ってみると浮力がいまいち。お尻の部分にビーズを使ったパターンだったのですが、これが結構重いのと、インジケーター兼浮力である100均のしっかりビーズがいまいちだったのがそもそもの原因でした。ビーズのお尻はパラシュートフライにすればお尻の部分が水中にすぐ入り水面でのバランスが良かったのですが、ハックル使わないと浮力がちょっと厳しいですね。まあ、自分はあんまりアントパターンを使用ないので、そこまでこういう不具合というか懸念事項を今まで無視してきたのですが、今回はちょっと改良してみようと。
 
 アントパターンでよくあるのがパラシュートアントなんですが、アントというよりパラシュートフライの投射性がちょっとね。ダウンウィングのカディス系のフライと比べると空気抵抗が大きいので、ダウンウィングのフライと同じような感覚でキャスティングすると狙ったポイントにキャスティングできないんですよね。パラシュートフライでは常に弱い向かい風の中キャスティングしているような感覚です。だから、どうしても自分は使用頻度が低いし、あんまり巻こうとも思わないんですよね。昔はよく使っていて、昔巻いたものは今もかなり残っています。ただ、使おうとはあんまり思わないけど・・・

f:id:flyman007:20181029154752j:plain

f:id:flyman007:20181029154810j:plain


 なので、今回もパラシュートは避けました。パラシュートではないのでお尻に使用していたビーズもなし。お尻とソラックスはダビング材で作り、ウィングとインジケーターは100均のクッション用の綿です。CDCやエアロドライウィングはすぐ沈むから使いづらいし、ラムズウールは水に濡れると形崩れて浮力落ちるし、使える素材が限定されてしまいますね。100均のクッション用の綿はウィングとインジケーターで浮力と視認性も十分かと。ただ、なんかいまいち代わり映えしない。
 
 他にもパターンはあるんですがハードシェルタイプでは、浮力ないし、表面に塗る瞬間接着剤乾くのに時間かかりますし、フォーム使うタイプでは浮力はあるが大型になっていまいますし、量産できてお手軽なものというとダビング材を使うパターンが無難ですかね。リアルさを追求すると浮力と視認性が犠牲になるのでこんなもんかな。ただでさえ、アントパターンは浮力がありませんからね。