合わせ切れ多発

釣り日記、タイイングとか

ブラックカディス

 これを使用した実釣動画出しているんで、効果のほどはそちらを見ていただければいいかと思います。いろいろなフライ使用していますけど、黒いフライは特に魚の反応がいいです。フライフィッシングをする以前は、ルアーをやっていたんですが、その時はサケ科の魚(ヤマメ、イワナニジマスブラウントラウト、イトウなど)は赤いルアーに反応がいいのは感じていましたが、黒いフライはそれ以上ですね。まあ、このフライをイトウには試していませんが・・・

f:id:flyman007:20180912182816p:plain
 まあ、フライ自体は全くシンプルです。ウィングは黒いディアヘアで、ボディはダビング材(Ice Dub UV Brown)、インジケーターは100均のクッション用の綿です。
 <br /> ダビング材はドライ用のダビング材でもいいんですが、自分はこちら(Ice Dub UV Brown)を使用してます。たぶんどちらを使用しても差は出ないと思います。なので特に指定はしません。ただ、メインで使用しているカディスフライがボディが太めなので、ボディをできるだけ細身にしています。
 
 100均のクッション用の綿ですが、インジケーターというよりオーバーウィングに近いかな。浮力は、ディアヘアよりもこちらに依存しているかな。
 
 フックはスタンダードなストレートフックなら何でもいいかと。フックとか指定してあるのもありますけど、まあ意味ないと思うんですけどね。違うフックに巻いて釣果に明確に差が出るんであれば、わからないでもありませんが、そんなことありませんし。ストレートフックと書きましたが、別にカーブフックに巻いてもいいです。実際ストレートフックに巻いたものとカーブフックに巻いたもの試したことありますが、特に差はないです。
 
 浮力も申し分ないですし、視認性もよく、巻くのも簡単なフライなので大量生産もできますが、こればっかりだと飽きるので自分は使用頻度は低いです。フライを交換することすらめんどくさがる人ですが、ずっと同じフライを使用するのはちょっとね。このフライだけで一日釣りになるので、このフライをメインで使用してしまうと新しいフライを考えたり既存のフライを改良したりしなくなるので、できるだけ使用しないようにしています。