合わせ切れ多発

釣り日記、タイイングとか

ブラウンパラシュート

 このフライは、カディスフライで反応が悪い時(連続でバラスような時)に使用してます。最初からこのフライでということはほとんどないですね。あんまり状態が良くない時に使用することが多いです。釣れないフライではありませんが、積極的に使用はしませんね。

f:id:flyman007:20180910192339p:plain
 パラシュートフライなのですが、特に変わった手順はないです。ストレートフックではなく、カーブフックに巻いています。まあ、見方によってはフローティングニンフに見えるかもしれません。
 
 メインで使用するカディスフライはボディが太めなのでメリハリをつけるため、ボディは極力細身にしています。
 
 ハックルの色に関しては特に指定はないです。はっきり言って何でもいいです。ブラウンパラシュートと言ってはいますが、ハックルをブラウン、バジャー、グリズリー、ホワイト、ジンジャーといろいろ試しましたが、釣果はほとんど変わりません。まあ、色のバランス考えればブラウンが一番無難ですけどね。
 
 昔のフライタイイングのレシピはやたら色をしてしてあるものが多かったですけど、自分はそれを無視していろいろな色のハックル使用しましたが、効果というか釣果は変わらないです。なんで色を指定したがるのかわかりませんが・・・
 
 そしてハックルより下の部分を完全に沈めるため、ドライ用のダビング材ではなく、ニンフ用のダビング材を使用しています。ドライ用のダビング材では、フロータントによっては横になったりします。自分はゲル状のフロータントを使用しているのでドライ用のダビング材でもたぶん大丈夫だとは思いますが・・・
 
 フックはカーブフックを使用します。ハックルより下の部分のボディを水中に入れるのでストレートフックよりもカーブフックのほうがいいかと。
 
 ポスト(インジケーター)はパラポストウィングを使用します。普通はエアロドライウィングなんでしょうけど、あんまり浮力ないんですよね。このフライに限った話ではないんですが、パラシュートフライのポスト部分、ハックルを巻いている部分(ハックルファイバーの間)に水が吸着しこの部分が重くなってしまいます。だからハックルを厚く巻いても吸着する水が多くなるだけなのでハックルを厚く巻こうが薄く巻こうがほとんど浮力は変わらないです。結局、ハックルを厚く巻いたフライは最初は高浮力ですが、時間が経つにつれてというか一匹釣れたらかなり浮力が落ちてしまう。しかもこの部分はなかなか水を除去しずらい。
 
 こういう理由で、個人的にはパラシュートフライはあんまり使用したくないんですよね。まあ、フライを交換すればいいだけの話なんですが、それすらめんどくさい人なので・・・フライでもスナップとか使えればいいんですけどアイが小さいし、重さがあるからフライ沈んでしまうし無理だよね。フライフィッシング始めた当初は、パラシュートフライはよく使用していましたが、使っているうちにこういう欠点が見えてきて使用頻度は落ちてきましたね。まあ、使わなくても釣りになるからという理由もありますが・・・