合わせ切れ多発

釣り日記、タイイングとか

ロールキャストって、使います?

 フライを流し終わった後、フライをピックアップする際に使うことはありますが、それ以外では使うことはほぼありませんね。
 
 バックスペースがない状態で使うのでしょうけど、どこかしらスペースあることが多いので、使うことはほとんどないです。渓流では、バックスペースがないだけの状況は少ないと思います。全くスペースがなくボーアンドアロー使うしかないというような状況なら結構あると思いますが。
 
 ロングティペットの場合、うまくキャスティングできないんですよね。ロールキャストでキャスティングしてもフライラインの先端近くにフライがポトリと落ちてしまいます。渓流で使用するような軽いフライラインではラインスピードが出ないからでしょうね。だからといって、重いフライラインでは水面へのインパクト強いから渓流ではきびしい。
 
 この場合、リーダー・ティペットを短くしたほうがいいんでしょうけど、めんどくさいしすぐドラッグ掛かるから短くしたくないですね。ドラッグ掛かったフライに魚出てしまうともう出てこないんですね。ヤマメはもちろんのことですが、イワナでも出てこないことありますからね。それに狙ったポイントに正確にキャスティングできませんし。渓流で狙ったポイントにキャストできないってありえませんし。
 
 他にスネークロールキャストというキャスト方法もあるんですけど、ロールキャストという名前はついてますけどあれ多少バックスペース必要なんですよね。狭いボサ川のようなところではちょっとスペースがないので無理ですし。開けた川ならできるんでしょうけど。自分はイワナ狙いでボサ川行くことが多いんで、やってみたけどダメですね。すぐ枝とかに引っ掛かりますね。普通にキャストしても引っ掛かりますし。ヤマメ河川は開けた川が多いので(少なくとも自分の住んでいる地域では)使用できると思いますが。
 
 スペイキャストというキャストの方法もありますが、川幅の狭い川では使えませんし、水面をバシャバシャやるのはちょっとね。どう考えても魚逃げますね。川幅の広い本流だったり、湖とかだったらいいんでしょうけど。でもドライフライではきびしいから行く気しないですね。本流や湖だったらどう考えてもルアーのほうがアドバンテージあるんですよね。飛距離にしても手返しにしても。ただ自分はもうルアーやる気ないけど。
 
 ロールキャストはファーストアクションのロッドならまだましですけど、スローアクションのロッドはかなりやりにくい。ストップしたとき、ロッドティップがグンってお辞儀するんですよね。あれでラインスピード落ちてしまう。