合わせ切れ多発

釣り日記、タイイングとか

渓流魚というとヤマメが人気のようですけど・・・

 以前書いた遠い、自分は全く興味がない。きれいかきれいでないかと言ったら、きれいな魚だと思いますけどね。
 
 ヤマメは、稚魚放流か成魚放流だと思いますが、どちらにしても所詮養殖ですからね。
 
 まあ、イワナも放流してあるところもあるみたいですけど、自分が釣りに行くところは放流されていない天然魚なんでね。
 
 ニジマスも放流されているところありますけど、自然繁殖繰り返してもう天然魚といっていいレベルですからね。
 
 ヤマメは在来魚ではありますけど、もうほとんど天然魚ではありませんし、釣りしててもそれほど面白いとも思えませんし、流れの筋流せば釣れますし、ほとんどが20cm以下だからつまらない。
 
 特に大物志向ではありませんが、クマやスズメバチや蛇にびくびくしながら20cm以下のヤマメを釣ってもね。そこまで危険と隣り合わせで釣るような魚でもないし。本流なら大きいヤマメもいるかもしれませんが、数は釣れないでしょうし何時間も反応もないというのは耐えられませんし。
 
 言っちゃ悪いけど、何が面白いんですかね。入渓して一発目でヤマメが釣れるとがっかりするんですよね。釣り上るにつれてイワナの数が増えてくるんならいいんですが、ずっとヤマメだと脱渓したくなりますね。
 
 危険がなければヤマメでも楽しめるんでしょうけど。