合わせ切れ多発

釣り日記、タイイングとか

スローアクションのロッドでラインがまっすぐに伸びない

 前々回スローアクションのロッドを使用したけど、5年のブランクがあるのでうまく使いこなせなかったのですが、まあ、5年前もそんなに使いこなせてはいなかったがロッドを振ってもラインがまっすぐ飛ばないのはなんでかずっと不思議に思っていました。
 
 少なくとも#4のファーストアクションのロッドでは真っ直ぐ飛んでいました。と思ってます。ただキャスティングがまだまだなのできちんと真っ直ぐ振れていないだろうなと思って深くは追及してこなかったのですが、youtubeスペシャリストのキャスティングを見ても真っ直ぐに飛んでないことがあります。
 
 自分のケースを思い出してみても、無風状態なら確かに真っ直ぐ飛んでいますが(と思いますが)、微風状態になるとすぐにその影響を受けて真っ直ぐ飛んでいきません。#4のファーストアクションのロッドの場合は、微風程度ならほぼ影響ないです。
 
 スローアクションのロッドを使うと、なんかうまくポイントにキャストできないなとは以前から思っていましたが、キャスティング下手なせいもあるんでしょうけど、ちょっとした風でも影響受けるようです。まあ、逆にこんなに風の影響を受けやすいロッドを使用して正確にキャストできる人はすごいとは思いますが・・・
 
 風の影響を少なくするためにダブルホールでナローループを作りキャストするのがいいみたいですが、正確なキャストできるんですかね。ダブルホールって、飛距離稼ぐためのテクニックで正確性はないような気がしますが・・・開けた渓流ならともかく真っ直ぐロッドを振れる渓流ばかりじゃありませんからね。
 
 スローアクションのロッドのほうが釣り味がいいなんていう人いますけど、キャスティングに苦痛を感じる時点でロッドとしてどうなのとは思いますけどね。自分はキャスティング下手だから余計そう思うのかもしれませんが・・・