合わせ切れ多発

釣り日記、タイイングとか

チェルノブイリアントを久しぶりに巻いてみた

 最初このフライを見た時、こんなフライで釣れるのかと思いましたね。
 

f:id:flyman007:20180624184816p:plain


 タイイングは簡単だけど、どこから見ても虫には見えない。人から見ればという意味ですけど。
 
 なので、全然巻く気しなかったのですが、釣りをしてると巻くフライが偏ってくる。要するにワンパターン化してきてこれではつまらないので巻いたのですが、それでもしばらくはフライボックスにはあるけど使用しませんでしたね。
 
 それで釣りをしている時、いかにもというポイント、倒木が沈んでいて水深があるポイントで試しに使ってみると、魚が底付近から浮き上がってくるの見えて、その魚がフライに出てかなり興奮しましたね。25cm程度のイワナでしたけど。
 水深のあるポイントではパラシュートフライじゃまず出てきませんし、デカいカディスフライでも出てくることはありますが、底から浮き上がってきてもフライに出ることなくそのまま沈んでしまうこと(フライを見切ってしまう)が多々ありました。魚にとって、このフライの何が魅力的なのかわかりませんが。
 
 イワナ、ヤマメ狙いで、このフライを最初から結ぶことはありませんね。大きさの割に重量はあるし、空気抵抗大きいからキャスティングしずらい。
 まあ、普段から小さい魚がかからないように大きいフライ(基本#10以上)を使用してますから(それでもかかってしまいますが)、このチェルノブイリアントを最初から使用するのもありといえばありなんですが。
 使うにしても水深のあるポイントでしか使用しませんけどね。いちいちフライを結び替えるのめんどくさいので、使用頻度は低いです。自分にとっては、ニジマス、ブラウン用のフライですね。
 
 自分の場合は、フライタイイングはレシピ通り巻くことはほぼないです。手を抜くところは手を抜きます。このフライでは手を抜くところはありませんが。ボディハックルを巻くようなフライの場合は、ボディハックルは絶対巻きません。理由は以前書いた通り、ハックルを巻いていると必ずフライが回転してしまうので。
 
 色なんですが、グリーン系してホッパー(バッタ)のイミテーションにしている見かけますけど、釣れるんですかね。チェルノブイリアントをグリーン系で巻いたことはありませんが、別のフライパターンでフォームを使用してホッパーを巻いて釣りをしたことはありますが、きわめて反応は鈍かったです。まあ、使う場所が悪かったと思いますが。日本の渓流は両サイド笹で、外国みたいに草原の中を川が流れているような場所少ないからだと思いますけどね。