合わせ切れ多発

釣り日記、タイイングとか

安いフライラインを使用してみました

 以前、格安フライラインは購入して、軽く試してはいたのですが、今回初めて本格的に釣りで試してみました。
 
 使用感としては、柔らかいフライラインです。高いフライラインと比べるとハリがありません。
 
 まあ、これは長所でもあり欠点でもあります。
 
 欠点としては、ロングキャストしにくいです。今回使用した場所はそこまでロングキャストする必要のない川でしたけど、やりづらい感はあります。ラインの滑りが悪いとかそういうのは感じませんでしたが。
 
 そして撚れが発生しやすい。ライントラブルが何度か発生してちょっと使いにくい感じがします。
 
 長所としては、ドラグがかかりにくいです。ハリのある高いフライラインでは、リーダーティペットを曲げてスラックを入れなければならないのですが、まあこれが普通だと思いますが、フライラインにもスラックが入れやすいです。まあ高いフライラインに比べると多少入れやすいという程度ですが。
 
 浮力に関しては、特に問題ないかと。今回はDT-4Fを使いました。自分の場合は、フライライン、リーダー、ティペットが沈み始めたらフライラインクリーナー(TIEMCO)をそれらに頻繁に塗ります。高いフライラインでも安いフライラインでも塗る頻度はそう変わらないかと。
 
 フライラインクリーナー(TIEMCO)をメンテナンス時にも使用しますけど、釣りをしている最中にも使用します。以前はドライフライ用のジェル状のフロータントをフライ、フライライン、リーダー、ティペットに使用していたのですが、すぐ沈み始めるのでフライラインクリーナー(TIEMCO)に切り替えました。もう切り替えてからずいぶん経ちますが。
 
 今回試した川が、それほど水深のない川で、早い流れにもまれてフライラインが沈むといったことはなかったです。
 
 結論としては、ショートレンジ向きのフライラインです。プールとかで遠投するような状況には向かないかな。できないわけではありませんがやりにくいと思います。渓流ではボサ川で使用するのがいいかもしれません。