合わせ切れ多発

釣り日記、タイイングとか

スローアクションのフライロッドは正直微妙

 スローアクションのフライロッドを購入したのはかなり前なのですが、使ってみるといろいろ微妙な点が多い。


 微妙というかまあ欠点だらけと個人的に思いますが、まずはいい点から。

 

長所
 長所としては、ロッド全体で衝撃を吸収してくれるので、大きい合わせをしても合わせ切れしにくい。
 
これだけしか長所はないです。

 

短所
短所としては、
 
 ・フォワードキャストからバックキャストまたはバックキャストからフォワードキャストに移るタイミングが難しい。
 ・ナローループを作るのが難しい。
 ・ラインスピードを上げるのが難しい。
 ・バッドが弱すぎて大きい魚が取れない。
  
 最初の欠点は、竿を振ってみればわかりますが、ファーストアクションのロッドに比べるとワンテンポ遅れたような反応で、慣れるのに時間がかかる。渓流ではいろいろなライン処理というか操作をするのですが、メンディングも含めてワンテンポ遅れた反応になるのでイライラします。
  
 慣れたとしても、二つ目、三つ目の欠点が出てくる。ラインスピードを上げるにはナローループを作る必要があるのですがこれが難しい。力を入れてロッドを振ると、ロッドがさらに曲がってワイドループになり、ループスピードが上がるどころかかえってループスピードが落ちる。風の強い日なんて最悪です。当然ロングキャストもしにくい。ロングキャストする必要があるプールは風の影響を受けやすい開けたところにあるのが多いのでこういうロッドではストレスしかたまらない。


 こういうロッドのうたい文句としてロングティペット用といってますけど、逆だと思いますね。ファーストアクションのロッドのほうがループスピードを上げやすいのでロングティペットに向いてますね。

 

バットのパワー不足  
 最後の欠点はまあはっきり言ってどうしようもない。どの程度のサイズの魚を想定してこういうロッドを作成しているのかわからない。自分が使用した限りでは、イワナ、ヤマメの30cm以下なんだろうけど。


 以前、雨上がり直後の釣行で50センチくらいのアメマスがかかったのですが、バッドが弱すぎて突進も止められないし、引き寄せることすらできませんでした。リールファイトしても巻き取るより出ていくほうが多かった。

 

 もちろん最初から大物狙いでいったわけではなく、普段なら尺クラスが1,2匹釣れるような川でたまたまかかってしまったのですが。アメマスはそんなに引きの強い魚ではないのですが、それでもこんな状態で話にならない。ニジマスやブラウンだったら40センチクラスでもどうにもならんでしょう。大物なんてそうそう釣れないのにこれではね。

 大物とるなら相当弱らせないと無理かと思います。リリース前提ならそこまで弱らせる必要があるのかかなり疑問がある。

 

使用に適した場所
 このようなロッドを使用する場所としては、ボサ川くらいでしょうね。ボサ川でしたらそんな大きい魚もいないでしょうし、ロングキャストも必要ないですし、風の影響も受けずらい。ただ、ボサ川のためだけにこういうロッドを用意する必要は特にないでしょう。ファーストアクションのロッドでも十分対応できますし、はっきり言って存在価値はないと思います。
 

 スローアクションのロッドは低番手で国産モデルに多いです。小さい魚がかかっても楽しめるようにという理由でスローアクションのロッドが作られたらしいです。ですが釣り味が楽しめるようになる代わりにキャスティングがさらに難しいものになってしまいます。

 

 こういうロッドを作成というかプロデュースしているのがスペシャリストといわれるような人たちです。こういうロッドでも技術があるので難なくキャスティングできますが、初心者にこのレベルの技術を要求するのはちょっと疑問。キャスティングをさらに難しいものにしてしまう。

 
 ふつうは値段の高いものはいいものが多いのですが、低番手のロッドに関しては当てはまらないと思います。自分にとってキャスティングしやすいロッドが一番です。