合わせ切れ多発

釣り日記、タイイングとか

フライを交換するのめんどくさいpart1

 今回はちょっとフライを改造してみようかと。今は使用していませんが、以前はエルクヘアカディスを多用していました。その時、ウィング(エルクヘア)だけ交換できないものかなとずっと考えていました。というのも使っていると、ウィング(エルクヘア)が濡れた筆のようになり、大幅に浮力が落ちるので、これ何とかならないものかとずっと考えていました。
 
 普通ならフライを交換すればいいだけでしょと言うんでしょうけど、フライをまた結び直すのめんどくさいのでパッと交換できんものかと常々考えていましたが、結局方法が思いつかず、エルクヘアカディス自体欠点があるので(以前に書いた通り)使うことをやめてしまいました。
 
 最近、海釣りの動画見ていて、ケミホタルってあるじゃないですか、あの方法ならいけるんじゃないかなって思って、この方法を思いつきました。まあ、そのまんまなんですけど、つまようじにウィングを取り付けて、それをゴム管で留めるだけなんですけどね。

f:id:flyman007:20190123152948j:plain


 う~ん、なんかいまいちだね。ゴム管で留めるスペースが必要なのでボディも短くなるし、ウィングの位置もシャンクの中央付近にならざるを得ない。浮力はあると思うが、見た目的によろしくありませんね。中央付近にウィングがあってもおかしくないフライパターンというと、コンパラダンとかCDCダンとかソラックスダンとかならそれほど違和感ないのかもしれませんね。自分が使うことはまずないフライパターンですけど。

f:id:flyman007:20190123153021j:plain


 そこで更にちょっと考えて、ウィングだけじゃなくてフライそのものを巻いて、そのまま交換できるようにしてはどうかと考えてみました。そもそもフライフックに巻くから交換の際に、いちいち結び直さなければならないけど、それ以外のものにフライを巻けば簡単に交換できるのではないかと。まあ、見た目は焼き鳥のような感じになりますけどね。つまようじなので、耐久性には少々疑問の余地はありますが・・・

f:id:flyman007:20190123153047j:plain

f:id:flyman007:20190123153105j:plain


 簡単に言ってしまえば、浮き釣りのウキの部分をフライにするだけの話です。自分みたいなめんどくさがり屋にはこんな感じのフライのほうが使い勝手がいいです。頻繁にフライを交換する際に、いちいちラインを結ぶ手間が省けますし、時間も節約できますし。まあ、頻繁にフライを交換することなんでほとんどありませんけどね。