合わせ切れ多発

釣り日記、タイイングとか

エクステンドボディをちょっと改良してみた

 dragonfly(トンボ)のしっぽの部分がキャスティングしてると、フックに絡むのが気になってちょっと考えてました。エクステンドボディって、ほとんど使うことないから(モンカゲロウのパターン,トンボくらい?)調べてもあんまり参考になるようなものはないんですよね。自分でモンカゲロウのパターンのフライは巻いたことはありますが、実際使ったことはありませんね。モンカゲロウのスーパーハッチに遭遇したことありませんし。モンカゲロウのハッチといえば、阿寒湖とか有名ですけど、自分も2,3度行ったことはありますが、モンカゲロウの時期ではありませんでしたし。モンカゲロウのハッチの時期って短いからほとんど使う機会ないんですよね。トンボは初夏から飛んでますけど、使う人ほとんどいませんね、なんでですかね。デカいからかもしれませんが、cicada(セミ)、hopper(バッタ)だって大きいですけど使う人多いですよね。

f:id:flyman007:20181108213912j:plain


 まあ、フックに絡むといっても、100均のEVAスポンジシートで作ったエクステンドボディで、ほかのフォーム材で作ったものは厚さ2㎜あるせいか絡むことはほぼないです。100均のEVAスポンジシートは厚さ1.5㎜でどうにもハリがない。ふにゃふにゃで柔らかすぎるんですよね。例えば、モンカゲロウのパターンでは、テイルにムースボディヘア使えば、これがハリがあるので、フックに絡むということはなさそうですが、トンボの場合はちょっとね。
 
 ハリ持たせるために、つまようじ使おうかと思ったけど、浮力はあると思うけど、ちょっと硬すぎるし、魚掛かったらすぐ折れそうだし、却下。
 
 後はラインを使うかというところか。海釣り用のナイロン7号とか8号とか他には破棄を考えているフライラインを使用するかですね。フライラインはもちろんフローティングラインです。ナイロンラインは吸水したり、紫外線で劣化しやすいそうですが、今回の用途では強度はどうでもいいので問題ないかと。問題はハリが失われるかどうかですね。まあ、たぶん大丈夫だとは思うけど。

f:id:flyman007:20181108213813j:plain


 実際作ってみると、厚さ2㎜のフォーム材で作ったものと大体同じような硬さです。これでだいぶフックに絡むの減りそう。

f:id:flyman007:20181108213842j:plain